「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

公開日: 更新日:

 人口減少が進む日本で、コーヒーの消費量はここ10年で増加傾向にある。2016年は47.2万トンと過去最高を記録。2018年には47万トン分のコーヒーが消費された(2018年 全日本コーヒー協会資料から)。この数字は、日本のティッシュペーパーの年間消費量とほぼ同じとのこと。

 日本人がかつてないほどコーヒーを飲むようになったのは、従来のコーヒーチェーンの店舗拡大のほか、高品質の「スペシャリティコーヒー」を提供する高級路線のコーヒーショップが増えていることからもわかる。そして、なによりセブン−イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社を中心に低価格のコンビニコーヒーが浸透したことが大きいだろう。このように低価格のものから最高級品種のものまで、コーヒーを飲む機会が増えている。

 レギュラーサイズが1杯100円のコンビニコーヒーは価格面だけでなく、品質の向上や種類の拡大に努めている。セブン−イレブンのセブンカフェは1杯あたりのコーヒー豆の量を1割増加。ローソンのマチカフェも、高級品種のパナマゲイシャをはじめ、カフェインレスカフェやカフェゼリーラテと種類が豊富だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る