中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

ゼロ金利継続で“投資は美徳” 安定配当の花王やKDDIに注目

公開日: 更新日:

 先日、麗沢大学・広池千九郎記念館の「皇位継承」をテーマにした「天皇御即位 奉祝記念特別展」(主催:モラロジー研究所、宮内庁・神社本庁などの協力)に出かけた。京都御所紫宸殿で行われた1687年の東山天皇即位式、1915年の大正天皇即位式の精密な再現模型で高御座、御帳台などは立派で感銘した。この10月22日に「即位礼正殿の儀」が挙行され、世界中から祝賀使節が来日するが、1946年1月1日に天皇陛下の「人間宣言」が発せられ神格性は否定された。

 米ホワイトハウスのサンダース大統領報道官は1月30日に収録されたキリスト教系テレビネットワークCBNのインタビューで、トランプ大統領の就任を「神が望まれた」と語った。神格性を付与したように聞こえる。トランプ氏は先の大統領選挙戦で「数十年にわたる愚かで見くびられた貿易政策が米国の雇用を奪った」と決めつけ、「アメリカを再び偉大な国にする」と約束し大統領となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る