“アポ電強盗”の温床にも「投資から貯蓄へ」大逆流の誤算

公開日: 更新日:

 これでは「投資から貯蓄」だ――。日銀が19日発表した資金循環統計によると、2018年末の個人(家計部門)の金融資産残高は前年末比1.3%減の1830兆円と、10年ぶりに前年末を割り込んだ。昨年末にかけて株価が急落したことが水を差した形だ。だが、株安の要因を除いても株式や投資信託の残高は減っており、「貯蓄から投資へ」の流れは進んでいない。

 個人金融資産のうち、株と投信の残高は18年末で242兆円と、前年から41兆円減少した。このうち40兆円は株安で資産の評価額が目減りしたためだが、残る1兆円は株・投信を手放したことによるものだ。

 株・投信の売却は18年に限った動きではない。11年以降、前年末比で株価が上昇した年も多かったが、8年連続で売却額が購入額を上回った。この間の売越額は計21兆円に上る。現金・預金が毎年拡大を続け、同じ期間に148兆円も増加したのとは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る