小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

公開日: 更新日:

ボルボV60 T6 Twin Engine AWD Momentum
(車両本体価格:¥6,590,000・税込み)

 ◇  ◇  ◇

 思い返せば2015年末のフォルクスワーゲン(VW)のディーゼルゲート事件以来、世界の脱ディーゼル化は着々と進んでるようにも見える。トヨタ、日産はディーゼルエンジンの開発を止めたし、国内乗用車ブランドでディーゼルを作ってるのは現在マツダと三菱ぐらい。

 だが厳しいCO2排出量規制も進む中、当のドイツは一部ディーゼルを諦めていない。メルセデス、BMWはもちろん、VWもよりハイテク化したディーゼルエンジンを次々と発表しており、日本でもディーゼル人気は健在だ。

 特にボディーが重くて燃費の悪いSUVほど相性は良く、BMWの大型SUVは未だに日本で売れる半分以上がディーゼルとくる。

 だがそこに反旗を翻しているのがスウェーデンのボルボ。ジャパンの木村隆之社長は、大型の90シリーズ及びXC60を除き、ディーゼル撤退を名言。その代わりに導入したのが、今回のV60T6ツインエンジンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る