アップリカに排除命令「ネットポリス」が小売店価格を監視

公開日: 更新日:

 ベビー用品大手の「アップリカ・チルドレンズプロダクツ」が自社製品を安売りしないよう小売業者に圧力をかけていた問題で、公正取引委員会は1日、同社に対し独禁法違反(不公正な取引方法)で、再発防止を求める排除措置命令を出した。

 アップリカは遅くとも2016年5月以降、自社のベビーカーやチャイルドシートなどについて、全国の小売店やネット販売業者に「提案売価」で売るよう圧力をかけていた。

 営業本部内に「ネットポリス」と呼ばれる専門チームを設置し業者などの価格を監視。安売り業者名、商品、価格を一覧にした「逸脱リスト」を作成し、対象業者に価格を上げるよう執拗に要求し、従わなければ、商品の出荷を停止するなどしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る