楽天トラベルに独禁法違反疑い 宿泊業者と「最安値」契約

公開日: 更新日:

 公正取引委員会は4月、旅行予約サイト大手の楽天トラベル、ブッキング・ドットコム、エクスペディアの3社に対し、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで立ち入り検査を行った。

 このうち楽天トラベルを運営する楽天が宿泊事業者と結んだ契約書に、楽天トラベルに掲載される宿泊料金を他社サイトより安くする「最安値条項」や、その場合に楽天トラベルの表示順序が優遇される「優先表示条項」などが含まれていたことが分かった。11日の読売新聞が報じた。

 楽天トラベルは、他社サイトに掲載された宿泊料金が安い場合、その業者に是正を求めるファクスやメールを頻繁に送り付けていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る