お宝を探せ!政治家の隠し財産vs強制執行ドキュメント<下>

公開日: 更新日:

【前回までのあらすじ】美術商の私は、不動産屋からの依頼で、裁判官らの強制執行に立ち会うことになった。相手は政治家の遺族。隠し持っているアンドリュー・ワイエスの絵画を鑑定する役目だ。本物なら3億円を超えるという。お宝に出合えるのか!

 ◇  ◇  ◇

 9時55分。私たち一行はエレベーターで10階の一室に立った。周囲の男たちが時計を見つめ続けている。時間は一刻一刻と過ぎていった。そして10時ちょうど、5人いる執行官の一人、女性の執行官がインターホンに指をふれた。そして、静まった廊下に機械音が鳴る。

「はい?」とドアの向こうから声がかえってきた。元政治家・小関(仮名)の遺族とおぼしき男の声だ。

「裁判所の通達により民事執行法123条に基づき、強制執行いたします」と伝えると、しばらくしてドアが少し開いた。40代後半と思われる寝ぐせ頭の男がドアの隙間から見えた。寝ていたのになんだ、というような表情で、あくびをし、「ちょっと、令状見せて」と書面を手にとった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る