お宝を探せ!政治家の隠し財産vs強制執行ドキュメント<上>

公開日: 更新日:

 新大久保駅に降り立ち、時計を見ると、ちょうど8時40分。待ち合わせは9時だから、あと20分。カフェにでもと思うのだが、気が進まない。というか、ここに来ることさえ気乗りしなかった。イヤな予感がしていたからだ。

 美術商というと、美術という品行方正なイメージもあるが、右から左へ金を流す、という一面もある商売だ。だから、たまに厄介なケースに出くわす。昔、若者にしては珍しくいい品を売りに来るもんだと思っていたら、窃盗団なんてこともあった。

■相手はワイエスの絵画収集家

「明日、駅前で」と言われたのが昨日の夜のことだった。仕事を終えた私は館内で雑務をこなしていた。時計も22時を回っていたので、冷酒を片手に、ひとりパソコンを操作していると、閉まっているドアの向こう側で“ドン、ドン”と音がした。「夜分すまないが、社長に会いたい」と言う男の声。甲高くしわがれた声が響いている。追い返そうかとも思うが、切迫した空気を感じ、ドアを開けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る