お宝を探せ!政治家の隠し財産vs強制執行ドキュメント<上>

公開日: 更新日:

 新大久保駅に降り立ち、時計を見ると、ちょうど8時40分。待ち合わせは9時だから、あと20分。カフェにでもと思うのだが、気が進まない。というか、ここに来ることさえ気乗りしなかった。イヤな予感がしていたからだ。

 美術商というと、美術という品行方正なイメージもあるが、右から左へ金を流す、という一面もある商売だ。だから、たまに厄介なケースに出くわす。昔、若者にしては珍しくいい品を売りに来るもんだと思っていたら、窃盗団なんてこともあった。

■相手はワイエスの絵画収集家

「明日、駅前で」と言われたのが昨日の夜のことだった。仕事を終えた私は館内で雑務をこなしていた。時計も22時を回っていたので、冷酒を片手に、ひとりパソコンを操作していると、閉まっているドアの向こう側で“ドン、ドン”と音がした。「夜分すまないが、社長に会いたい」と言う男の声。甲高くしわがれた声が響いている。追い返そうかとも思うが、切迫した空気を感じ、ドアを開けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る