藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

商業用CMSシェアトップ「インフォネット」が出直り基調

公開日: 更新日:

 景気悪化しているドイツが財政出動による景気対策を行うとの報道から、世界経済への極端な悲観論が後退、株式市場は少しずつ落ち着きを取り戻してきました。大型株については、円高懸念が払拭できないことから、上値が重い展開が続きそうです。

 しかしながら、個人投資家にとっては、内需・好業績の成長銘柄の中からうまく銘柄選択すれば、大儲けのチャンスです。前々回のLib Work(1431)は急騰続きで紹介してから約2倍、先週のパシフィックネット(3021)も好発進しています。

 また、8月は新規公開銘柄が1銘柄だけで、次回の新規公開銘柄は9月12日の福証上場のピー・ビーシステムズ(4447)です。そこまでは、直近公開銘柄の中から、株価が出直ってきた銘柄に注目が集まりそうです。

 今回ご紹介する内需・好業績・成長銘柄は、6月に東証マザーズに上場したインフォネット(4444、投資金額約20万円)です。企業のWEBサイト構築・運用にかかる全てを一気通貫で請け負える企業です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る