かんぽ 10月から通常営業再開=金融庁は立ち入り検査へ

公開日: 更新日:

 原因究明も再発防止の対策もまだまだなのに――。日本郵政グループは30日、自粛しているかんぽ生命保険の全保険商品の販売について、10月1日から通常通りの営業を段階的に再開すると発表した。

 各地の郵便局で保険の乗り換え時に、二重契約を強いるなど顧客に不利益となる事案が相次いで発覚したことを受け、日本郵便とかんぽ生命は7月中旬、訪問や電話による営業を8月末まで自粛すると発表。営業自粛は9月末まで継続する。

 日本郵政グループは、顧客に不利益を与えた可能性がある18万件超の保険契約を中心に顧客などへの調査を進めている。一連の調査について9月末に中間報告を公表する。被害の実態や再発防止策も固まらない状態であるにもかかわらず、販売再開を決定したわけで、顧客などから戸惑いや反発の声が上がるのは必至だ。

 一方、保険商品の不適切販売をめぐり、金融庁が9月中旬にもかんぽ生命保険と日本郵便に立ち入り検査に入ることが30日、明らかになった。親会社の日本郵政を含め、不適切販売が横行した経緯や原因を詳しく調べる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る