「金」の高止まりで「プラチナ」注目 専門家がうまみ解説

公開日: 更新日:

 1日、米中両国は相互に新たな制裁関税を発動。ますます世界経済への不安が深まり、投資家のリスクオフ傾向が強まりそうだ。すでに安全資産として高騰を続けている金は、10月からの消費税率アップを控え、“買い”に拍車が掛かりそうだ。

「増税前に8%の消費税を払って金を買い、増税後に売れば、10%の消費税分をもらえます。金相場の変動はあるものの、2%の差益は確実に得られます。ただ、すでに金は高騰していて、頭打ちの感がある。伸びシロが期待できず、投資のうまみは薄まっています」(市場関係者)

 そんな中、密かに注目されているのが、割安な白金(プラチナ)だ。白金は、自動車の排ガス浄化触媒など産業用で広く使用されているが、希少価値が高く、投資資産でもある。

 5月以降、米中貿易摩擦が激化し、産業用需要が落ちたため、白金相場は低迷していた。ところが6月以降、金相場がグイグイ上昇すると、それにつられて白金も値上がり。5月末には、1トロイオンス800ドルを割っていたが、現在は900ドルを突破している。15%も上昇しているが、この水準でもまだまだ割安なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る