高収入のキーエンス社を辞めてなぜ醤油屋を起業したか<後>

公開日: 更新日:

決断には母親のある行動が

 高年収企業キーエンスの社員から脱サラし、セレクトショップ「職人醤油」を経営する高橋万太郎さん(39)。年商1億円企業に成長させたが、醤油を商材に選んだ理由は何だったのか?

 2006年、キーエンスを4年目で辞め、大学1年の時から交際していた同級生と結婚。父親から車を借り、日本縦断の「貧乏新婚旅行」に出発した。旅をしながら、どんな事業をしようか考えたという。

「キーエンス3年目に入る頃、起業してどんな商材を扱ったらいいか、具体的に考えたんですけど、ピンとこない。そんなとき、ラジオで『どんな絵本を子どもに読み聞かせたらいいか』と相談した子育て中のお母さんに、『長く読み継がれている本がいい。いいものは時間が証明しているから』と回答者が答えていたんです。それで伝統産業に関わることをしようと。新婚旅行で気の向くまま、宿の人に勧められるまま、古い町並みが残る長野の宿場町や郡上八幡、焼き物の窯元など、あちこち回りながら3カ月間かけて日本を縦断しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る