2坪の焼き鳥屋から 飲食業界カリスマが語る成功の秘訣<後>

公開日: 更新日:

フードプロデューサー 山本浩喜さん

 たった2坪の焼き鳥屋から、「飲食業界のカリスマ」に駆け上がった山本浩喜さん。しかし、中大法学部を出ながら20代の頃は、ブラック企業で借金漬けとパワハラの地獄のような日々を送った。転機は? 成功のカギは何だったのか?

  ◇  ◇  ◇
 
 人生の大きな転機になったのは自動車事故。27、28歳の時、栃木・矢板の高速道を110キロで運転していた山本さん、中央分離帯を飛び越え、電柱に刺さるという大事故に遭ってしまったのだ。頭部裂傷や全身打撲、骨折などで意識不明の重体に。このとき、「夢の中で黄色い花畑の中を歩いていました。三途の川の向こう側から、白い服を着た女性が呼んでいて……」という臨死体験もした。山本さんが大きく変わるきっかけになった。

「要は開き直ったんですね。死んだと思えば何でもやれるって。そうしたら仕事も上向きになって、性格も明るくなりました。厳しい方を選んだ方が乗り越えた喜びを味わえるので、人生が楽しくなりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る