2坪の焼き鳥屋から 飲食業界カリスマが語る成功の秘訣<後>

公開日: 更新日:

フードプロデューサー 山本浩喜さん

 たった2坪の焼き鳥屋から、「飲食業界のカリスマ」に駆け上がった山本浩喜さん。しかし、中大法学部を出ながら20代の頃は、ブラック企業で借金漬けとパワハラの地獄のような日々を送った。転機は? 成功のカギは何だったのか?

  ◇  ◇  ◇
 
 人生の大きな転機になったのは自動車事故。27、28歳の時、栃木・矢板の高速道を110キロで運転していた山本さん、中央分離帯を飛び越え、電柱に刺さるという大事故に遭ってしまったのだ。頭部裂傷や全身打撲、骨折などで意識不明の重体に。このとき、「夢の中で黄色い花畑の中を歩いていました。三途の川の向こう側から、白い服を着た女性が呼んでいて……」という臨死体験もした。山本さんが大きく変わるきっかけになった。

「要は開き直ったんですね。死んだと思えば何でもやれるって。そうしたら仕事も上向きになって、性格も明るくなりました。厳しい方を選んだ方が乗り越えた喜びを味わえるので、人生が楽しくなりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る