杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

無人攻撃機を手掛ける「米クラトス・ディフェンス」に照準

公開日: 更新日:

 国家間の大規模な戦争はもはや、不可能になりつつある。アメリカ、ロシア、中国などは全人類を消滅できるほどの核兵器を保有している。

 これが「軍事衝突の抑止力になる」とは言うものの、冷静に考えればバカげた話である。

 逆に、携行型ミサイルのスティンガー、無人攻撃機(ドローン)が進化し、世界的な脅威になっている。スティンガーは航空機を高度5000メートルまで狙える。

 テロ組織に渡ったら大変だ。民間航空機の安全が脅かされる。そして、ドローンだ。サウジアラビアの石油施設が攻撃されたのは記憶に新しい。超低空で進入するドローンは防御が難しいという。

 クラトス・ディフェンス・アンド・セキュリティー・ソリューションズ(KTOS)は米NASDAQに上場している。アメリカと同盟国の国家安全に集中する技術、知的財産、製品、システムを手掛ける防衛関連企業である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!