1泊12万円でも満室 鎌倉の小さな高級民泊ホテル成功の秘密

公開日: 更新日:

 観光客が年間2000万人も訪れるのに、宿が極端に少ない古都・鎌倉。そんな地に今年1月オープンしたホテルが「鎌倉 古今」だ。築160年の古民家を改装し、客室は2室のみ。1泊2食付き1室8万~12万円(2人利用)という高級宿だが、今夏はほぼ満室という盛況ぶりだ。

 古今の所在地は鶴岡八幡宮からもそう遠くない、二階堂地区。従来ホテルが開業できなかった住専地域だが、民泊新法を逆手に取ることで可能にした。同法の規制で部屋は年間180日しか使えない。だがそれがハイレベルなサービス提供にはかえって好都合だという。一風変わった小さなラグジュアリー宿の成功の秘密に迫った。

 鎌倉の宿は、確かに少ない。神奈川県の箱根町には約8000室あるのに、鎌倉市には約850室しかないという。これには鎌倉市の都市計画が影響しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る