1泊12万円でも満室 鎌倉の小さな高級民泊ホテル成功の秘密

公開日: 更新日:

 観光客が年間2000万人も訪れるのに、宿が極端に少ない古都・鎌倉。そんな地に今年1月オープンしたホテルが「鎌倉 古今」だ。築160年の古民家を改装し、客室は2室のみ。1泊2食付き1室8万~12万円(2人利用)という高級宿だが、今夏はほぼ満室という盛況ぶりだ。

 古今の所在地は鶴岡八幡宮からもそう遠くない、二階堂地区。従来ホテルが開業できなかった住専地域だが、民泊新法を逆手に取ることで可能にした。同法の規制で部屋は年間180日しか使えない。だがそれがハイレベルなサービス提供にはかえって好都合だという。一風変わった小さなラグジュアリー宿の成功の秘密に迫った。

 鎌倉の宿は、確かに少ない。神奈川県の箱根町には約8000室あるのに、鎌倉市には約850室しかないという。これには鎌倉市の都市計画が影響しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る