中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

GAFAやBATに見劣り ヤフーLINE統合はガラパゴス化の危機感

公開日: 更新日:

桜を見る会」のニュースが頻繁に流れている。夫婦で「桜を見る会」に招待された大学名誉教授の友人いわく、「安倍首相主催だけに、観光バスで乗り付けた安倍晋三後援会の人たちが目立ち、首相周辺はテレビ放映を意識してか有名タレントで固められ妙な感じがした」「無料で食べ放題、飲み放題と案内されたが、とにかく常連者が多いようで、飲食コーナーにたどり着いたら食べ物も飲み物もなかった」と。

 2011年の「アラブの春」や16年の米大統領選挙の「ロシアゲート」もそうだろうが、庶民が目にする情報は政府が都合良く操作したプロパガンダの懸念がある。仮の話だが、誰かが内閣府のサーバーにハッキングできれば「破棄された文書ファイル」を復元できるだろう。いま話題のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)は、政治家に限らず世界のサイト利用者の通信履歴など膨大な情報を合法的に保有している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る