中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

GAFAやBATに見劣り ヤフーLINE統合はガラパゴス化の危機感

公開日: 更新日:

桜を見る会」のニュースが頻繁に流れている。夫婦で「桜を見る会」に招待された大学名誉教授の友人いわく、「安倍首相主催だけに、観光バスで乗り付けた安倍晋三後援会の人たちが目立ち、首相周辺はテレビ放映を意識してか有名タレントで固められ妙な感じがした」「無料で食べ放題、飲み放題と案内されたが、とにかく常連者が多いようで、飲食コーナーにたどり着いたら食べ物も飲み物もなかった」と。

 2011年の「アラブの春」や16年の米大統領選挙の「ロシアゲート」もそうだろうが、庶民が目にする情報は政府が都合良く操作したプロパガンダの懸念がある。仮の話だが、誰かが内閣府のサーバーにハッキングできれば「破棄された文書ファイル」を復元できるだろう。いま話題のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)は、政治家に限らず世界のサイト利用者の通信履歴など膨大な情報を合法的に保有している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る