山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

急騰しやすい上場子会社「広栄化学」が超が付く割安水準

公開日: 更新日:

 当欄では「親子上場」が今年最大の投資テーマになるとして、親子上場関連株を中心に取り上げてきた。その理由は、3月に安倍首相が議長を務める「未来投資会議」が、親子上場だけでなく、親会社が非上場企業の上場子会社も問題ありとブチ上げたからだ。これは、日産や日立化成などの上場子会社で、不祥事が相次いだことへの反省でもある。

 こうした上場子会社は親会社の意向を忖度し、少数株主の権利が損なわれているケースが多い。品質不正など経営陣の怠慢はもちろんだが、配当が異常に少なかったり、株価が超割安に放置されていても、知らんぷりといった具合である。

 政府は未来投資会議の議論を受け、6月の「骨太の方針」で上場子会社の企業統治(コーポレートガバナンス)の厳格化や、上場ルールの改正などを打ち出した。東証は先週、この方針に沿って上場規則の改正などを話し合う「従属上場会社における少数株主保護の在り方等に関する研究会」を設置。今年度中にも上場子会社の上場規則を改定する見通しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る