独ボッシュと協業する EMS事業国内トップ「シークス」狙う

公開日: 更新日:

 電子機器製造を複数のメーカーから請け負うEMS(電子機器製造受託サービス)で国内トップのシークス(7613)に注目する。

 創業は1957年。インキメーカーの阪田商会(現サカタインクス)貿易部にできた輸出係が源流だ。当初は電子部品をフィリピンに輸出するビジネスで、その後、電気製品や電子機器などさまざまな製品を扱うようになった。

 79年にシンガポールでEMS事業をスタート。まだEMSという言葉がなかった時代だけに、この分野の草分け的存在といえそうだ。

 92年にサカタインクスから分離し、サカタインクスインターナショナルとして独立。98年に現社名に変更した。

 現在の収益の柱はEMS事業だ。家電用と車載用を軸に、部材調達から開発・設計、部品製造、基板、完成品の組み立て、修理メンテナンスまで手掛ける。約40年にわたって蓄積してきたEMS事業の「ワンストップサービス」が最大の強みとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る