市場は戦時モード 機雷・照明弾の“戦争銘柄”急騰の不気味

公開日: 更新日:

 新年早々から市場に不穏な空気が漂っている。

「6日、日経平均は暴落しましたが、防衛関連銘柄は逆行高を演じています。実は昨年12月以降、北朝鮮絡みで軍事関連株は上昇傾向にありましたが、米国とイランの“衝突”で一気に急騰しました。上昇傾向は継続するでしょう」(市場関係者)

 米軍は3日までにイランの精鋭部隊の司令官を殺害。イランは報復措置を検討するとし、両国の衝突が危惧されている。

「昨年12月の防衛関連株の上昇は中東情勢が絡んでいた可能性が高いといえます。米国とイランは一触即発の状態です。市場は偶発的な軍事衝突を心配しているのでしょう。東証の売買高の6割以上は外国人投資家です。海外勢がディープ情報をつかみ、軍事・防衛関連を買い漁っていたとも考えられます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る