北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

公開日: 更新日:

【読み切りドキュメント】美術商の事件簿(上)

「面白い! それ、絶対ウケますよ。うちの番組でやりましょう!」

 私の話に、小俣は想像以上のリアクションで食いついてきた。大手テレビ局のディレクターの肩書をもつが、見た目は渋谷あたりの遊び人風だ。

「ちょっと、待ってください」と、興奮した声でソファから立ち上がった小俣は、私のオフィスの隅に行き、携帯電話をかけ始めた。

「あ、ベイやん? おれおれ」と言いながら、私から聞いた話を電話の相手に繰り返し始めた。

「そうそう、コキュウ、中国の国立美術館……、いや、博物館か。ま、世界に誇る博物館だよ。そこが、贋作を売っているんだって。で、日本人がいっぱいだまされている……、ね、すごいだろう、これ絶対に話題になるよ。……うん、……うん、オーケー。じゃあ、頼んだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る