赤字覚悟でイベリコ豚麺 飲食店に「二毛作」が増えるナゼ

公開日: 更新日:

 東京・門前仲町でふとランチが食べたくなって街角を見渡すと、おしゃれな外観のスペインバルを見つけた。ランチの看板が出ており、たまにはパエリアもいいかなと思って近づくと「イベリコラーメン」(税込み900円)と書いてある。スペインバルなのにラーメン?

 興味がわいて店内に足を踏み入れると、カフェみたいな落ち着いた雰囲気だ。「ハヤシライス」(同1200円)もあるが、「せっかくだから」と注文したのは「イベリコチャーシュー麺」(同1200円)。待つこと数分で出てきたチャーシュー麺のスープは透き通っていてあっさり。厚切りのチャーシューを食べると「これがイベリコ豚か!」と納得させられるような独特の甘い脂が口の中で溶け出した。

「当店は夜の看板メニューに『イベリコ豚しゃぶしゃぶ』のコースを用意しており、その“締め”として開発したラーメンが好評となり、ランチメニューとなりました。ベースのスープはイベリコ豚の豚骨を柱に鶏がらなどを合わせています。イベリコ豚は脂の融点が低いため、必要以上に脂が溶け出さないように工夫しました。イベリコ豚の滋味深さを表現することを最優先したことで、ワインとの相性もいいラーメンになっていると自負しております」(「イベリコ・バル門仲」の伊藤寛和店長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?