赤字覚悟でイベリコ豚麺 飲食店に「二毛作」が増えるナゼ

公開日: 更新日:

 東京・門前仲町でふとランチが食べたくなって街角を見渡すと、おしゃれな外観のスペインバルを見つけた。ランチの看板が出ており、たまにはパエリアもいいかなと思って近づくと「イベリコラーメン」(税込み900円)と書いてある。スペインバルなのにラーメン?

 興味がわいて店内に足を踏み入れると、カフェみたいな落ち着いた雰囲気だ。「ハヤシライス」(同1200円)もあるが、「せっかくだから」と注文したのは「イベリコチャーシュー麺」(同1200円)。待つこと数分で出てきたチャーシュー麺のスープは透き通っていてあっさり。厚切りのチャーシューを食べると「これがイベリコ豚か!」と納得させられるような独特の甘い脂が口の中で溶け出した。

「当店は夜の看板メニューに『イベリコ豚しゃぶしゃぶ』のコースを用意しており、その“締め”として開発したラーメンが好評となり、ランチメニューとなりました。ベースのスープはイベリコ豚の豚骨を柱に鶏がらなどを合わせています。イベリコ豚は脂の融点が低いため、必要以上に脂が溶け出さないように工夫しました。イベリコ豚の滋味深さを表現することを最優先したことで、ワインとの相性もいいラーメンになっていると自負しております」(「イベリコ・バル門仲」の伊藤寛和店長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る