重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

セブン&アイの米SS併設型コンビニ買収で市場評価真っ二つ

公開日: 更新日:

 米国石油精製会社マラソン・ペトロリアム社のガソリンスタンド(SS)部門「スピードウェイ」買収に向けた交渉入りが伝えられているセブン&アイ・ホールディングス(HD)。買収総額は220億ドル(約2・45兆円)に上るとされ、同社としては過去最大のM&Aとなるが、市場の評価は真っ二つだ。

 スピードウェイはSS併設型のコンビニを全米に約4000店展開、年間2・6兆円規模の売り上げを稼ぎ出している。国内コンビニ市場が飽和化し、総合スーパーや百貨店事業が軒並み苦戦する中、「消費がなお拡大し続けている米国で一気に4000店もの店舗網を手に入れられる意義は極めて大きい」(外資系証券幹部)。これが“肯定派”の見方だ。買収が実現すれば、セブンの米国でのネットワークは業界最大の約1・4万店にまで広がる。

■財務の健全性が毀損

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る