日経平均2万円割れ 下げ幅一時1200円…為替1ドル101円台に

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大が投資家心理を冷え込ませ、売りが売りを呼んでいる。

 9日の日経平均株価は前週末比406円44銭安の2万343円31銭で寄り付き、午前9時10分に2万円を割り込んだ。下げ幅は一時1200円超に拡大した。午前の終値は前日比1276円68銭安の1万9473円07銭。投資家のリスク回避姿勢が強まって円買いが優勢となり、輸出関連企業の経営悪化への不安が広がった。

 東京外国為替市場で円が大幅に上昇。円相場は対ドルで1ドル=101円台半ばまで売り込まれた。正午現在、102円64~65銭と前週末比3円15銭の大幅ドル安・円高。

 経済指標の悪化も売りを加速させた。内閣府がきょう発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP=季節調整済み)改定値は、実質で前期比1・8%減。年率7・1%減に下方修正された。速報値の年率6・3%減からマイナス幅が広がった。コロナ禍で2四半期連続マイナス成長の公算がますます高まった。

 先週の東京株式市場は世界で広がる感染に投資家の懸念が強まり、6日は急落。710円超下落する場面もあり、節目の2万1000円を割り込んで取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさで、約半年ぶりの安値だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る