日経平均2万円割れ 下げ幅一時1200円…為替1ドル101円台に

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大が投資家心理を冷え込ませ、売りが売りを呼んでいる。

 9日の日経平均株価は前週末比406円44銭安の2万343円31銭で寄り付き、午前9時10分に2万円を割り込んだ。下げ幅は一時1200円超に拡大した。午前の終値は前日比1276円68銭安の1万9473円07銭。投資家のリスク回避姿勢が強まって円買いが優勢となり、輸出関連企業の経営悪化への不安が広がった。

 東京外国為替市場で円が大幅に上昇。円相場は対ドルで1ドル=101円台半ばまで売り込まれた。正午現在、102円64~65銭と前週末比3円15銭の大幅ドル安・円高。

 経済指標の悪化も売りを加速させた。内閣府がきょう発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP=季節調整済み)改定値は、実質で前期比1・8%減。年率7・1%減に下方修正された。速報値の年率6・3%減からマイナス幅が広がった。コロナ禍で2四半期連続マイナス成長の公算がますます高まった。

 先週の東京株式市場は世界で広がる感染に投資家の懸念が強まり、6日は急落。710円超下落する場面もあり、節目の2万1000円を割り込んで取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさで、約半年ぶりの安値だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず