櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「エックスネット」機関投資家向けのサービスで高シェア

公開日: 更新日:

 エックスネット(4762)に注目する。創業以来、28年間、機関投資家の「資産運用管理専門」へのシステム提供と業務サポートが中核。生保、損保、投信・投資顧問、信託銀行、各種銀行などを中心に170社超の機関投資家がクライアントだ。

 機関投資家は多くの資金を集め、多くの有価証券に投資している。同社はそれらの管理のため有価証券運用の取引情報管理や残高情報管理、投信の基準価額計算や経理・会計処理、株式議決権処理などのシステムを機関投資家に提供。昨年3月末時点では生保協会加盟42社の有価証券運用総額(約320兆円)のうち、同社システムを利用しているのは約269兆円で84%のシェアだ。損保協会加盟26社の同運用額(23兆円)のうち、同社システム利用は22兆円で96%のシェア。ビジネスモデルは「クライアントと一緒に良いシステムを作る」。そして「月額定額のサービス」。現状からスタートして少しずつシステムの改良・改善が可能になりシステムが陳腐化しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る