新型コロナ禍で東京市場大荒れ…GPIF大損で年金が消える

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの大流行で世界同時株安の様相である。9日も東京市場は暴落した。気がかりなのが年金だ。年金資金を株に投資しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、大損を食らっている可能性が高い。

 9日の日経平均株価は約1年2カ月ぶりに2万円を割り込み、前週末比1050円安の1万9698円と大幅安で引けた。コロナ禍と原油の大暴落に加え、急激な円高が株安の原因だ。

 先週末は1ドル=105円台だったが、一時、101円台に突入し、その後は102円台で推移している。12月の日銀短観によると、大企業製造業の19年度下期の想定為替レートは106.90円。輸出企業は大打撃だ。

 日経平均株価は、わずか10営業日で3600円以上も下落している。この先、株価はどうなるのか。市場は、悲観一色となっている。なにしろ、向こう30日間の米株式市場の予想変動範囲を示す「恐怖指数」は、9日に60を突破。1997年のアジア経済危機や2001年の米国同時多発テロのレベルを上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る