コパ・コーポレーション 吉村泰助社長<1>学生のバイトからそのままプロの実演販売員に

公開日: 更新日:

 平安時代には、そのルーツがあったという実演販売。江戸時代はガマの油売り、明治はバナナの叩き売りときて、昭和は実演販売をなりわいとする寅さんが主人公の「男はつらいよ」が大ヒット。平成は穴あき包丁やピーラーなどのキッチン用品がテレビ通販で人気となった。

 どこかテキヤ稼業、あるいは伝統話芸のようなイメージがあった実演販売。それを人材の育成と組織化により独自のビジネスモデルとして確立させたのが、コパ・コーポレーションを率いる吉村泰助社長だ。昨年6月には、東証マザーズへ上場させている。

 吉村は1968年、新潟県新発田市に生まれた。地元の高校を卒業して上京。国学院大学に在籍していた時、実演販売と出合う。

「演劇研究会に所属していたのですが、代々引き継がれていたアルバイトがアキハバラデパートでの実演販売の手伝いでした。もちろん、ただの手伝いですから、お会計したり、在庫を取りに行ったり、昼休みに店番をしたりというだけでしたが、路上演劇みたいな感じで面白いと思いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る