ANA機内食「地上販売」で大当たり 累計売上高1億円を突破

公開日: 更新日:

 新型コロナで航空各社が大幅減便を余儀なくされる中、行き場を失った機内食が弁当などに生まれ変わって販売されている。スーパー、百貨店の売り場やネット通販などで購入でき、地上で気軽に「空旅」気分を楽しめると好評だ。

 全日本空輸(ANA)は、昨年12月に機内食のネット販売を数量限定で開始。すぐに売り切れるなど好調で累計売上高は1億円を超えている。

 中部空港で機内食を手掛ける名古屋エアケータリングは、機内食を弁当にして昨年暮れから愛知県内のスーパーなどで売り始め、今年2月に名鉄百貨店に売り場を設置。百貨店では販売開始前から客が列をつくるほどの人気で、コンビニで展開することも検討中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る