中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

吉野家の宣伝文句「うまい、やすい、はやい」ではなかった

公開日: 更新日:

 サラリーマンの強い味方、吉野家の牛丼。ワンコイン(並盛り・387円)でおつりがくる、財布にも胃袋にも優しい存在だ。

 さて、「うまい、やすい、はやい」のあのキャッチフレーズは誰が考えたのか? 答えは創業者の松田栄吉氏。

 吉野家(東京都中央区)広報の寺澤さんによると当初は「はやい、うまい、やすい」の順番だったのだという。

 これは客が来店時に感じる順番から作ったもの。創業の地、日本橋でも移転した築地でも魚河岸をはじめ、舌の肥えている客が多く、しかも忙しい。

「まず、カウンター席に座って注文するとすぐに牛丼が提供され、『はやい』と感じる。牛丼を食べて『うまい』と感じる。会計の際に牛丼の『はやい』と『うまい』を実感してもらいます」

 そして客は最後に「やすい」と感じるわけだ。ちなみに、キン肉マンが歌っていたのも「はやいの、うまいの、やすいの~」の順だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る