滝田誠一郎
著者のコラム一覧
滝田誠一郎ノンフィクション作家

1955年東京都生まれ、青山学院大法学部卒。ヒューマン・ドキュメンタリー作品を数多く手がける一方で、ジャーナリストとして雇用・人事問題を取材。著書に「開高健名言辞典 漂えど沈ます」(小学館)、「消せるボールペン30年の開発物語」(小学館新書)、「IT起業家10人の10年」(講談社)などがある。

プラネックスコミュニケーションズ久保田克昭社長 モータースポーツへの情熱<1>

公開日: 更新日:

 F1界の至宝ともいうべきマシンを所有している久保田さんは、プラネックスコミュニケーションズの代表取締役。コンピューター周辺機器、無線LANルーターなどのネットワーク機器の開発・製造・販売・保守をはじめ、広域無線ネットワークシステムの導入支援サービス、ソフトウエア・コンピューター周辺機器の設計販売などを手広く手がけている会社だ。

 久保田さんが会社を設立したのは95年。会社は急成長を遂げ、2001年に店頭公開(現ジャスダック)を果たしている。40歳のときだ。

「僕は大学を出てなくて、そのことにちょっとコンプレックスがあって。でも、こんな自分でも上場できるんだったらやってみたいと思って、後先考えずに上場したという感じです」

■ヒストリックF1レースにも参戦


 クルマ好きの久保田さんは、ロータス97Tの他にも数台のビンテージF1カーを所有している。その中にはF1とCARTのチャンピオンを2年続けて獲得した唯一のドライバーであるナイジェル・マンセルがハンドルを握ったロータス91/7なども含まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る