松山英樹マスターズV驚きの経済効果 関連株の注目銘柄は?

公開日: 更新日:

 松山英樹のマスターズ優勝を受け、週明け12日午前の東京株式市場では、ゴルフ関連銘柄が軒並み値を上げた。今後、日本人初の快挙は、市場にどんな「経済効果」をもたらすのか。

 ロータス投資研究所代表の中西文行氏はこう分析する。

新型コロナウイルスによる自粛疲れと、気候が良くなるこのタイミングで、しばらくやめていたゴルフをまた始めようという人が増えるかもしれません。テニス人口よりゴルフ人口の方が多いので、大坂なおみ選手や錦織圭選手の活躍より経済効果が見込めます。体形が変わっていればウエアも買い替えますし、古くなったクラブを新調するかもしれません。現役をリタイアしていれば、お金も時間もあります。屋外で少人数でプレーするので、感染リスクも低い。松山選手の優勝を口実に、自宅に閉じこもっている仲間を誘ったり、『皆で久しぶりに集まろう』なんて話になるでしょう。当分の間、海外旅行には行けそうにないので、泊まりがけのゴルフリゾートの人気が出るかもしれません。ゴルフ関連株が値を上げたように、今後、スポーツ関連株を物色する流れになると、景気へのインパクトは大きいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る