コロナショック克服 米バイデン政権が打ち出す家族支援策

公開日: 更新日:

 アメリカの景気は絶好調である。IMF(国際通貨基金)は2021年の実質GDP成長率を6.4%、22年を3.5%と予想している。最終的に、この数値を上回るだろう。

 米サプライマネジメント協会(ISM)の3月の製造業景況感指数は3.9ポイント上昇の64.7となった。これは1983年12月以来、37年3カ月ぶりの高水準である。

 36~37年前はレーガン大統領(81年1月就任)によるレーガノミクス(偉大なアメリカの再構築)政策推進が実を結び始めた初期の段階になる。

 ちなみに、82年8月12日にはNYダウが776ドルの安値をつけている。経済的にはアメリカ最悪の時期だ。「株は死んだ」といわれていた。それが何と、今年の4月9日には3万3810ドルの史上最高値を示現している。実に、43.6倍である。これがアメリカ復活の象徴だ。すごい話じゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

もっと見る