杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

バイデン政策で半導体業界は“空中戦”日本は生き残れるか?

公開日: 更新日:

 バイデン政権は先の1・9兆ドル(約209兆円)の景気対策に続き、2・3兆ドル(約253兆円)の景気対策を計画している。前回は生活支援が中心だったが、今回は社会資本整備、EV(電気自動車)、半導体生産育成が柱である。

 EVについては充電器を50万カ所設置する。一方、独走中のテスラに対し、トヨタ自動車、ホンダが追い上げを見せ、アップル、バイドゥ、シャオミなど携帯電話メーカーが相次いでEV業界に参入の意向を表明している。

 価格競争が激化するのは間違いないだろう。欧州勢も負けていない。リチウムイオン電池については「争奪戦」の様相を強めている。EUは5000億円を補助、一気に15工場を建設するという。

 とはいえ成長産業の特徴といえるが、新規参入が相次ぎ、競争は熾烈なものになる。EVはその道をたどることになろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る