中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

日清紡HDは知ってるけれどニッシンボーって何する会社?

公開日: 更新日:

 マレーグマがダンスをしそうでしない、なんだかワケの分からないCMが話題の日清紡(NISSHINBO)。

 その前の同社のCMシリーズである「犬の二人羽織」の時から“なんじゃこれ!”と世間をザワつかせている。

 広報の喜田さんによると、前作は「ドッグシアター・シリーズ」、今作は「クマーシャル劇場」と呼ぶらしい。

「犬の二人羽織は、ユーモラスな映像と『♪ニッシンボー、名前は知ってるけど~』という耳に残るフレーズが好評で企業認知度が10ポイントも上昇しましたし、新卒採用の応募数も3割以上増えました。あの人間の手は誰かと聞かれますが、多くは手先が器用で演技力のあるマジシャンや舞台俳優の方にお願いしました。演者の方々は本当に何も見えませんし、動作を犬の動きに合わせなければなりません。さらにあおむけに寝た顔の上に犬がお座りをする格好になるため、とても“過酷”な撮影でした」(喜田さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る