中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

「びっくりドンキー」の店舗がボロいのには理由があった!

公開日: 更新日:

 総重量450グラムの親子バーグなどボリューム満点でおなじみのびっくりドンキー。

 店舗内でも目を引くのが、テーブルいっぱいに広がるメニュー板だ。軽くてコンパクトな方が使い勝手は良さそうだが、なぜデカくて重いのか? それには創業者の深い思いがあった。運営するアレフの松本さんがこう説明する。

「創業社長の常にお客さまをびっくりさせたいという思いと、皆さまで見上げながらメニューを選ぶ楽しみを提供したいという思いが込められています」

 確かにつかみはOK。他にもビックリするのが廃屋風の内外観。なぜボロボロな感じなのか?

「創業店舗(1968年開業)をつくるとき、お金がなかった創業社長は、店の内装や看板を自分で手作りしました。その後の出店時、銀行の融資額は1店舗分。一気に2店舗出したくて、お金がない分は自分で補おうとばかりに、またしても看板や内装は自作したそうです。今はプロの方がデザイン、制作していますが、当時の手作り感のある温かい雰囲気の店舗で、温かいサービスをしたいという思いが引き継がれています」(松本さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る