松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

世界の金融は今…「大きな投資資金が向かう先」を見極めろ

公開日: 更新日:

 今、世界の金融はインフレ動向と金利動向に注目しています。インフレになりつつあり金利も上昇傾向です。

 通常、インフレ抑止のために各中央銀行は金融緩和の縮小(テーパリング)をします。

 現在の株や債券のバブルは無制限の金融緩和の結果なので、金融緩和を止めると株は下落して金融危機再燃となる可能性が大です。

 株価を下落させないため、インフレなのに金融緩和を続けると最終的にハイパーインフレになる可能性があります。

 金融緩和にブレーキをかけると金融危機、ブレーキをかけないとハイパーインフレという、止まるも進むもできない状況に陥っているのです。

 すでにカナダはテーパリングを発表しました。米国はウォラーFRB理事が現在のインフレは一時的という表現をしているものの、来年(2022年)末までと一時的の期間が長いです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る