杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

迷走するIR計画 関連株は人気だが市民はカジノに拒絶反応

公開日: 更新日:

 2018年に、当時の安倍政権がアメリカの意向を受け、成長戦略の柱として導入を決定、菅政権がその政策を引き継いできたIR計画が迷走気味である。

 IRとは統合型リゾートのこと。ホテル、イベント会場、商業施設などを建設する。中核はカジノだ。これがないと、運営会社は採算を取るのは難しい。開発投資は1兆円規模とされている。

 さらに、マカオ、シンガポールのように、外国人観光客(インバウンド)を呼び込める。コロナショックの前までは地域活性化の切り札として期待されていたのは確かだろう。

 当初、IR誘致に動いていた自治体は8グループ(都市・地域)だったが、北海道、千葉市、横浜市が離脱、東京都と名古屋市は「態度を保留」、現在は大阪府・市、長崎県、和歌山県の3陣営に絞られている。

 ひところの熱気がなぜ、冷めてしまったのか。それはカジノに対する市民の拒絶反応だ。先の横浜市長選ではIR反対派が勝利した。IR誘致には民意という参入障壁が存在する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき