杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

物価上昇に追い打ちをかける「ラニーニャ現象」世界の水争いも過酷に

公開日: 更新日:

 古来、「弱り目にたたり目」という。悪いことは重なる傾向がある。

 世界情勢はウクライナ紛争(ロシアの軍事侵攻)、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融引き締め(利上げ、QT→資金回収)に直撃され、不安定な状況になっている。

 原油価格、穀物市況の高騰がインフレ圧力を強め、FRBに加え、ECB(欧州中央銀行)が利上げに進む。すでに、イギリス、カナダは複数回の利上げを行っている。日銀以外は利上げラッシュである。

 為替市場では1ドル=135円台、1ユーロ=144円台の円安だ。金融政策を考えると、当然の動きだろう。

 円安は輸入物価を上昇させる。そこに、追い打ちをかけるようなラニーニャ現象だ。今年の夏は猛暑らしい。それが秋まで続くという。

 ラニーニャ現象とは南米沖など熱帯太平洋東部の海面水温が平年より低く、逆に日本のはるか南方など西部では高めとなる状況だ。逆のケースはエルニーニョと呼ぶ。

 このラニーニャ現象は同時に、インド洋の南東部の海面水温が高く、西部では低いという「負のインド洋ダイポールモード」と連動する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?