株価暴落に右往左往しない ユニークで心強い「相場ジンクス」を専門家が解説

公開日: 更新日:

 株式市場の暴落に個人投資家は右往左往している。日経平均は乱高下を繰り返し、先週は6月高値から2500円近く下落。急落に耐え切れず“ろうばい売り”する株主も増えてきた。でも、ちょっと待った! 株価は下がり続けるわけじゃない。この先、市場はどうなるか。専門家の見立ては?

 ◇  ◇  ◇

 悪材料はてんこ盛りだ。米金利上昇で日米の金利差は拡大。円安が進行し、輸入物価は急上昇する。仕入れ価格アップに企業は直面し、業績は悪化するばかり。株価もダダ下がりだ。

「米FRB(連邦準備制度理事会)の量的引き締め(QT)が始まり、市場にあふれていた緩和マネーが回収されます。株式市場にとってはマイナス材料です。そこに米金利上昇やウクライナ紛争が加わり、世界的な株安を引き起こしています。ただし、国内は参院選がスタート。日経平均は先週末(17日)2万6000円を割り込みました。2万5000円の攻防となるかもしれませんが、そこが底でしょう。参院選後を見据え、株価は上昇に転じると睨んでいます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

参院選で与党が勝てば73%の確率で株価アップ

 大和証券のリポート「参院選に向けた株価動向」は面白い。1990年以降の国政選挙とTOPIX(東証株価指数)騰落率を分析している。

 与党が勝利したケースは過去11回。そのうち、5営業日後にTOPIXがプラスだったのは8回、勝率は73%だ。

 今回の参院選投票日は7月10日。5営業日後は、15日となる。与党が勝てば株価上昇の材料だが……。

「そのあたりから株価は反転すると思います。外国人投資家は6月の第2週まで3週連続で買い越しています。海外勢からすれば円安により日本株は割安になっていますから、選挙で与党が勝てば政治の安定を意識し、一段と買ってくる可能性は高い。2万8000円を固められれば、2万9000円も見えてくるでしょう」(倉多慎之助氏)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の後押しで年末2万9000円

 心強いジンクスもある。NHK大河ドラマと株価(日経平均)の関係だ。

 不思議なアノマリー(合理的には説明のつかない株価の経験則)ながら、源平合戦の時代を描く大河ドラマの放映年は株価が上昇する。

 放送される前年と放映年の年末株価を比較すると「新・平家物語」(1972年)は91.9%アップ、「義経」(2005年)は40.2%アップ、「平清盛」(2012年)は22.9%アップだ。

「平清盛や源頼朝が武家による新しい時代をつくっていきます。時代を切り開くわけです。視聴者に勇気を与える内容ともいえます。大河ドラマは1年間にわたり放送されますから、プラス効果は大きい。『鎌倉殿の13人』も人気は上々ですし、ジンクス通りの株高を願っています。昨年末の日経平均は2万8791円。今年の年末は2万9000円台を期待したいですね」(三井住友DSアセットマネジメント理事チーフエコノミストの宅森昭吉氏)

サッカー日本代表がもたらす株高

 宅森氏は、もう一つ、ユニークで頼りになるジンクスを教えてくれた。

 サッカー日本代表と株価の関係だ。今年11~12月はW杯カタール大会が開催される。日本中が沸くスポーツイベントだが、株価を動かすほどの影響力があるのか。

「日本が初のW杯出場を決めた1997年11月16日(試合終了は17日未明)の“ジョホールバルの歓喜”。その翌日は北海道拓殖銀行の経営破綻が報じられました。株式市場は金融危機を意識し、暴落してもおかしくなかったのに1200円上昇したのです。サッカー日本代表がもたらした歓喜が市場を動かしたといえます」

 宅森氏によると、日本代表が2点差以上をつけて勝ち、地上波で放送され視聴率が2ケタだった場合、翌日の日経平均は上昇するという。

 直近では、W杯アジア最終予選の中国戦やサウジアラビア戦などが当てはまる。日経平均はジンクス通り、上昇だった。

「カタール大会は11月23日にドイツと初戦です。27日にコスタリカ、12月1日にスペインと続きます(いずれも現地時間)。強豪国ぞろいですが、株式市場のためにもぜひ勝って欲しい」(宅森氏)

 2点差以上の勝利で、年末の2万9000円台が見えてくる。

 悪材料ばかりに反応している株式市場だが、好ジンクスを知って、じっくり構えていればそう慌てることはない。年末の株高に向け、今が絶好の仕込み時と割り切ってみては? ちょっとした小遣いを稼げるかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず