プロ野球次期コミッショナーに 榊原定征経団連元会長の「最大の功績」とは

公開日: 更新日:

 プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は7月21日、オーナー会議を開き、元日本経済団体連合会(経団連)会長で現在は関西電力の取締役会長を務める榊原定征氏(79)を第15代となる次期コミッショナーに内定した。12月5日に正式に就任する。

 榊原氏は東レで社長、会長を務めた。野村証券、東京証券取引所出身の斉藤惇コミッショナー(82)に続き、ビジネス界出身者がコミッショナーになる。

 オーナー会議議長で巨人の山口寿一オーナー(65)は「NPBの事業拡張に取り組むことが重要ではないかという意見が大勢を占め、企業経営の経験豊富な方が望ましい(ということになり)、全会一致で榊原さんに決まった」と説明した。

 榊原氏は、2014年6月、経団連会長に就任し、4年務め、現在は名誉会長だ。

 榊原氏の経済界での知名度は決して高いとはいえなかった。東レの“中興の祖”と呼ばれた前田勝之助氏の秘書を務めたことが跳躍板になり、東レで経営トップにのぼりつめた。「手堅い技術屋で、大胆な決断ができる人物ではない。社長よりも研究所所長タイプ」(東レの元役員)というのが榊原氏の当時の評価だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報