ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

公開日: 更新日:

 ウクライナでロシア軍の損害は大きく、夏に「死傷者7万~8万人説」(米国防総省)も出た。プーチン大統領や治安機関の誤算から首都キーウを電撃制圧できず、春に軍が主導権を取り戻して東部ドンバス地方の総攻撃に移行。現場が混乱したのは「大義なき戦争」で士気が低く、前線で率先垂範した将軍が次々と戦死したことも理由だろう。

■意味不明な「ドンバス作戦」

 ドネツク州とルガンスク州をめぐる戦いは、2014年の危機から続く「ドンバス2.0」と言える。親ロシア派の領土を広げることに、戦略的意味があるのか。ロシア兵に犠牲を強いる価値はあったのか。

「住民をネオナチの虐殺から保護する」と、口実をでっち上げて始めた戦争。開戦前夜、傀儡政権である2つの「人民共和国」を独立承認し、2州全域を支配する目標を掲げたため、プーチンには東部の勝利が「最低ライン」になってしまった。ほぼ全世界を敵に回してまで達成しなければならないことなのか。筆者には理解できない。

 第2次大戦の独ソ戦では、敵前逃亡する味方を射殺した歴史がある。一方、赤軍を受け継ぐロシア軍には、将官が前線で兵士にハッパを掛けるという伝統文化が残っているらしい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景