著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

陸運再編の焦点は「最大手のNXHDとヤマトHDがどう動くか」に移った

公開日: 更新日:

「桃太郎」vs「飛脚」の争奪戦──。陸運業界関係者らの間ではこう呼ばれている。いずれもそれぞれ輸配送のサービスブランドなどとして使われているためだ。

 冷蔵・冷凍などの低温物流に強みを持つ東証プライム上場のC&Fロジホールディングス(HD)に対し、5月2日から1株3000円でTOB(株式公開買い付け)を実施している「桃太郎」便のAZ-COM丸和HD。これに割って入ったのが、「飛脚」の佐川急便を中核とするSGHDだ。今週3日からAZ丸和を大幅に上回る1株5740円でC&Fへの対抗TOBに乗り出した。

 後出しじゃんけん。相手が「グー」を出しているのにわざわざ「チョキ」や「グー」で応じるバカはいまい。SGHDからすれば「至極まっとうな戦術」(金融関係者)だが、それにしても1株5740円とは思い切り吹っ掛けたものである。

 AZ丸和がC&F買収の意向を最初に表明したのは3月21日。SGHDの提示額は、当日のC&Fの終値2041円に180%超ものプレミアムを乗せた金額だ。C&Fの発行済み全株を買い付ければ総額は1237億円にものぼる。3月末のC&Fの純資産の2.64倍。同社経営陣がSGHDの買収提案に賛同を示していることもあり、市場では「もはや、勝敗は決したも同然」との声が圧倒的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」