競技場建設費用負担、教員留学…「東京五輪」で都民税デタラメ流用

公開日: 更新日:

「子供たちに夢を」とか言って、結局、税金にたかるヤツらが得をするのだ。東京五輪をめぐり、都民の税金のデタラメ流用が始まった。「7年後に祭典が開催される」なんて浮かれていると、まんまとしてやられるのだ。

 五輪担当相を兼ねる下村文科相は8日、閣議後の会見で、新国立競技場の建設費について、「猪瀬知事との話し合いで、一部負担をお願いし、了承を得た」と明かした。猪瀬は、「国立なのだから、都に負担を求める必要はない」と支払いを拒否したはず。どうしたことか、それがあっさり覆された。「本体は国がやるが周辺の道路とかは都に関係するから」といったテキトーな言い訳が用意されているようだが、いくら詭弁(きべん)を弄しても約束が違うのは明らかだ。本来使われなかったはずの税金が使われるのなら、「流用」と言わざるを得ない。

 そもそも、建設費からしていい加減である。当初は1300億円とされたが、最大で3000億円かかることが明かされた。その後、デザインの簡素化で1800億円に圧縮できるとなった代物。ドンブリ勘定で税金がジャブジャブと投じられてはたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る