• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

携帯いじる議員も…緊張感ゼロだった衆院「秘密保護法」採決

 自公みの賛成多数で26日衆院を通過した特定秘密保護法案。国会の外では1000人以上が議事堂を取り囲み、朝から抗議活動を続けた。この法案の危険性を理解している国民は必死なのだ。しかし、国会の中はというと、緊張感のカケラもない。数の力におごる与党だけでなく、野党も、てんでやる気がないからだ。

 午後1時からの予定がズレ込み、6時45分から開かれた衆院本会議。民主党の長島昭久は反対討論で「10日余りの審議で強引に採決するのは拙速だ」と与党を批判したが、演説を終えて席に着くや、携帯を取り出してメールチェック。どこかの「ママ」の「素晴らしい演説だった」というメールを確認してニンマリだ。そもそも長島は民主党にいるのが不思議なくらいのタカ派で、安倍とも近い。

 修正協議で与党と合意した日本維新の会も支離滅裂だった。強引な採決に抗議するといって本会議を退席したのだが、修正案を「自公み維」の4党で共同提出しておきながら、採決は棄権なんてワケが分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る