携帯いじる議員も…緊張感ゼロだった衆院「秘密保護法」採決

公開日:  更新日:

 自公みの賛成多数で26日衆院を通過した特定秘密保護法案。国会の外では1000人以上が議事堂を取り囲み、朝から抗議活動を続けた。この法案の危険性を理解している国民は必死なのだ。しかし、国会の中はというと、緊張感のカケラもない。数の力におごる与党だけでなく、野党も、てんでやる気がないからだ。

 午後1時からの予定がズレ込み、6時45分から開かれた衆院本会議。民主党の長島昭久は反対討論で「10日余りの審議で強引に採決するのは拙速だ」と与党を批判したが、演説を終えて席に着くや、携帯を取り出してメールチェック。どこかの「ママ」の「素晴らしい演説だった」というメールを確認してニンマリだ。そもそも長島は民主党にいるのが不思議なくらいのタカ派で、安倍とも近い。

 修正協議で与党と合意した日本維新の会も支離滅裂だった。強引な採決に抗議するといって本会議を退席したのだが、修正案を「自公み維」の4党で共同提出しておきながら、採決は棄権なんてワケが分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る