秘密保護法成立へ 与党も野党もヒドすぎる“茶番国会”

公開日:  更新日:

 特定秘密保護法案の採決は、会期末最終日にヤマ場を迎えた。

 自公与党は5日、参院の国家安全保障特別委員会で法案を強行採決したものの、結局、同日中の本会議採決は断念。だが、6日午後の本会議で成立させる方針は変えていない。

 民主党は法案を担当する森雅子特命相の不信任決議案を衆院に、問責決議案を参院に提出するなど、閣僚らの問責決議案を連発して徹底抗戦。採決引き延ばしで時間切れを狙ったが、与党は法案成立に万全を期すため、2日間の会期延長を決めた。残る国家戦略特区法案や独禁法改正案の成立も確実にする。

 それにしても、だ。ただでさえデタラメの悪法だが、採決直前になってますますメチャクチャになってきた。安倍首相が、秘密のチェック機関として、内閣官房に警察庁長官らで構成する「保全監視委員会」を置くと突然言い出したものの、批判を浴びると、今度は菅官房長官が別途、内閣府に「情報保全監察室」を設置すると発表。ほかにも安倍は、審議官級の「独立公文書管理監」や首相の諮問機関の「情報保全諮問会議」を設けるとか言う。その場しのぎもいいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る