• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪市長出直し選 自民候補に東国原英夫が浮上

 大阪都構想の頓挫でニッチもサッチもいかなくなった大阪の橋下市長が、7日、辞職願を提出。出直し市長選が確実になった。

 仮に市議会が辞職願への「不同意」を決めたとしても、地方自治法の規定により、橋下は辞職願提出の20日後に失職。3月中に選挙が行われることに変わりはない。今のところ、「3月2日告示、16日投開票」か「9日告示、23日投開票」の日程が有力だ。

 共産党以外は候補の擁立を見送り、橋下の「ひとり相撲」になるというのが大方の予想だが、サプライズがあるかもしれない。

「自民党府連代表が石破幹事長と会って、『府連としては候補を立てないつもりだ』と説明したところ、幹事長から『現時点では了承できない』と言われたそうです」(大阪府連関係者)

 自民党は水面下で、候補者の擁立を検討している。候補には、ナント東国原英夫の名前も挙がっているという。自民党の選対関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る