また暴言発覚 NHK籾井会長を操る「自己愛型コンプレックス」

公開日:  更新日:

 ホントに懲りない男だ。またNHKの籾井勝人会長(70)の問題発言が発覚した。今月12日に開かれた経営委員会で、自分の発言のどこが悪いのかと自己を正当化する発言をしていたのだ。

 籾井会長が「慰安婦はどこの国にもあった」と発言したのは1月25日。批判が殺到し、31日には衆院予算委員会で「皆さんに誤解と迷惑をかけ、まことに申し訳なく思っている」と陳謝。その後も「個人的見解については全部取り消す」「大いに反省している」と殊勝な態度を示していた。

 ところが、その舌の根も乾かない今月12日、経営委員会で美馬のゆり委員に発言の収拾策について問われ、「会見録を通読して欲しい」と返答。美馬委員がすでに読んだと答えると、「それでもなおかつ私は大変な失言をしたのでしょうか」と開き直ったのだ。本当はまったく反省していなかった。自分に非があるとは毛の先ほども思っていないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る