日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

LCC業界で白熱 パイロット確保めぐり“仁義なき戦い”

今度はバニラエアが欠航を発表

 格安航空会社(LCC)業界がすごいことになっている。ピーチ・アビエーションに続いて、今度はバニラエアが6月に全便の2割を欠航させることを発表したのだ。同社は成田と台北、ソウルをつなぐ国際便のほか、成田と札幌、那覇を飛ぶ国内便を運航している。月に合計720便。そのうち国内便の一部の154便を取りやめるのだ。理由はパイロット不足である。

「パイロットは28人いましたが、そのうち2人が3月に退職し、5月末にもう1人退職する予定です。そのため欠航を決めました。7月はANAからパイロットに出向してもらうので、便数は戻ります」(同社広報担当者)

 10月までに最大2000便を欠航させると発表したピーチも「パイロットを確保できない」という理由だった。なぜパイロットが足りないのか。
「パイロットの奪い合いが起きているからです」とは航空関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事