• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯期間中は運賃10倍! ブラジルの劣悪すぎる航空事情

 ブラジルW杯まであと半年となり、日本からさまざまな相談が持ち込まれている。
「日本代表のチケットを入手した場合、試合会場のレシフェ、ナタル、クイアバまで安く、安全に回る手段を教えて欲しい」

「弾丸ツアーで日本代表の試合をできるだけ効率的に回るにはどうしたらいいか?」
 正直、かなり厳しい答えとなる。

 ブラジルの国土は約851万平方キロ。日本のおおよそ22.5倍にもなる。日本から来る場合、窓口となることが多いサンパウロからレシフェまでの直線距離は約2100キロ。東京―沖縄間(約1600キロ)よりも遠い。

 長らくブラジルの主たる移動手段は陸路、バスだった。しかし格安航空会社が普及したこともあり、数年前に陸路と空路が逆転し、今では飛行機での移動が一般的になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る