W杯期間中は運賃10倍! ブラジルの劣悪すぎる航空事情

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯まであと半年となり、日本からさまざまな相談が持ち込まれている。
「日本代表のチケットを入手した場合、試合会場のレシフェ、ナタル、クイアバまで安く、安全に回る手段を教えて欲しい」

「弾丸ツアーで日本代表の試合をできるだけ効率的に回るにはどうしたらいいか?」
 正直、かなり厳しい答えとなる。

 ブラジルの国土は約851万平方キロ。日本のおおよそ22.5倍にもなる。日本から来る場合、窓口となることが多いサンパウロからレシフェまでの直線距離は約2100キロ。東京―沖縄間(約1600キロ)よりも遠い。

 長らくブラジルの主たる移動手段は陸路、バスだった。しかし格安航空会社が普及したこともあり、数年前に陸路と空路が逆転し、今では飛行機での移動が一般的になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る