永田町取材で見えた 9月改造「入閣待機65人」当落リスト

公開日:  更新日:

 夏休みを切り上げ帰京した安倍首相。この後は近く石破幹事長と会談し、いよいよ内閣改造に向けての動きが本格化する。それを期待と不安で見守るのが入閣待機組のメンメンだ。衆院5期以上、参院3期以上といわれる“有資格者”は65人いる。18しかない大臣のイスに手が届くのは誰なのか。自民党関係者や政治記者などに取材して日刊ゲンダイ本紙が予想した当落が別表の通りだ。

 今度の改造で、安倍首相は意外にも派閥均衡人事をするのではないかとみる向きが多い。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「安倍さんの狙いは、長期政権に向け、党内基盤を固めることです。派閥の領袖に支えてもらえる体制をつくるため、派閥均衡で推薦者を入閣させるのではないか。一方で、やりたいことを断行するため、麻生さんや甘利さんなど中核の閣僚や官邸メンバーは留任させる。ベテランで待機組の常連、逢沢さん、宮路さん、遠藤さんの3人は『サプライズ入閣』があるかもしれません。『苦節何年』などとマスコミが大騒ぎするでしょうからねえ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る