• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

永田町取材で見えた 9月改造「入閣待機65人」当落リスト

 夏休みを切り上げ帰京した安倍首相。この後は近く石破幹事長と会談し、いよいよ内閣改造に向けての動きが本格化する。それを期待と不安で見守るのが入閣待機組のメンメンだ。衆院5期以上、参院3期以上といわれる“有資格者”は65人いる。18しかない大臣のイスに手が届くのは誰なのか。自民党関係者や政治記者などに取材して日刊ゲンダイ本紙が予想した当落が別表の通りだ。

 今度の改造で、安倍首相は意外にも派閥均衡人事をするのではないかとみる向きが多い。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「安倍さんの狙いは、長期政権に向け、党内基盤を固めることです。派閥の領袖に支えてもらえる体制をつくるため、派閥均衡で推薦者を入閣させるのではないか。一方で、やりたいことを断行するため、麻生さんや甘利さんなど中核の閣僚や官邸メンバーは留任させる。ベテランで待機組の常連、逢沢さん、宮路さん、遠藤さんの3人は『サプライズ入閣』があるかもしれません。『苦節何年』などとマスコミが大騒ぎするでしょうからねえ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る