日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パリ行進」不参加 オバマを謝罪させた米メディアの気骨

 パリの“反テロ行進”に参加しなかったことで、メディアから批判を浴びていたオバマ大統領。とうとう、批判に耐え切れず、ホワイトハウスが「首脳級の人物を派遣すべきだった」と平謝りする事態になっている。急きょ、ケリー国務長官をパリに送る方針だ。

 世界50カ国の首脳が隊列を組んだ“世紀の行進”にアメリカの首脳が参加しなかったことに対し、米メディアは「世界をがっかりさせた」(デーリー・ニューズ紙)などと一斉に批判していた。大行進をパリから中継したCNNのアンカーは「アメリカ人として恥ずかしい」と欠席したオバマ大統領を痛烈に非難していた。「言論の自由」を最重視する米メディアが、危機感の薄いホワイトハウスを謝罪に追い込んだ形だ。

 ところが、日本も同じように誰ひとり、首脳は参加しなかったのに、日本の大新聞テレビは一切、安倍政権を批判しないのだから大違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事